2017年3月〜2017年5月春
きのこ会観察風景・きのこスナップ

5月14日第168回例会風景曇り、気温21-25℃母の日

      
本日の参加者は64名以上、観察種数25種(内、冬虫夏草1種)。
   
   オオセミタケ
(オフィオコルジケプス科)
<写真提供:habeken>

ナヨタケ科の一種
(ナヨタケ科)
   
    マツカサタケ
   (マツカサタケ科)
   
 キクラゲ(キクラゲ科)濃淡2体

ハタケシメジ(シメジ科)
   
 ニクコウヤクタケ
 (ウロコタケ科)
   
アズマタケ(タバコウロコタケ科)
   
    スエヒロタケ
 (スエヒロタケ科)
4月9日第167回例会風景  曇り、気温17℃

 マツカサタケ
(マツカサタケ科)
 松毬から生え、小型のマンネンタケに似ていて裏面は針状。

 本日の参加者は53名以上、観察種数は33種(内、変型菌×1、冬虫夏草×1)


マメザヤタケの仲間
(クロサイワイタケ科)
 子嚢菌の一種、表面は黒く細長い。
   
 キクラゲ(キクラゲ科)「木耳」と書く。

キララタケ(ナヨタケ科)
 成熟すると黒く液化。  
   
 トガリアミガサタケ
 (アミガサタケ科)
子嚢菌、御苑ではイチョウの根元に発生。
3月5日第166回例会風景 天気:晴、気温:10〜16℃
AM の参加者は61名以上 観察種は36種、内、虫草1種、粘菌3種
碧ちゃんの「きのこ新聞」第4号です♪ 弟37回顕微鏡観察
PM 顕微鏡の参加者は16名 観察試料は8種、内、粘菌3種

( 写真は左欄 )


Copyright (C)2017 京都御苑きのこ会 All rights reserved.
inserted by FC2 system